カマグラゴールドの勃起効果は絶大

カプセルと瓶

「カマグラゴールド」は世界で最も有名なED治療薬バイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラと同様の有効成分シルデナフィルを含有しているため同等の効果を持ちながらも、開発費が抑えられたジェネリック薬であるため価格が安いという特徴があります。

服用後は約30分ほどで効き目が現れ、約1時間ほどでその効果は最大となります。
効き目は約5時間ほど持続し、その時間内であれば何度射精しても効果は持続します。
注意点としてカマグラゴールドは1日1錠までとし、1度服用した後は24時間以上の間隔をおいてから次の服用をするようにしてください。
過量服用は効果が正しく現れないだけでなく、副作用を強めることもあるなど危険な行為です。

カマグラゴールドに含まれるシルデナフィルは「100mg」ですが、一般的な日本人のシルデナフィルの推奨量は「25~50mg」といわれています。
そのため薬の効き目が強すぎると感じるようであれば、ピルカッターなどを使い、二分の一、四分の一サイズにして服用することも検討してみてください。
様々な飲み方を試し、自分に合う用量を見つけると良いでしょう。

カマグラゴールドには副作用があり、主に「ほてり、頭痛、めまい、動悸、消化不良」などの症状があらわれることがあります。
これらは有効成分の作用である血管拡張効果の影響によるもので、本来この血管への作用は陰茎に働きかけるものです。
その作用が他の部位にも波及するため、脳の血管に作用し頭痛、顔の血管に作用しほてり、などの症状があらわれます。

これは薬の性質上ある程度は避けられないもので、ほとんどの症状は軽度なため心配する必要はありません。
薬の効力が消失するにつれ、これら症状も解消されます。
ただしあまりに重い症状が出た場合や、薬の効果が切れたあとも症状がおさまらないようなときは医師に相談することが大切です。

また同時に服用できない「併用禁忌薬」に指定された薬があるので注意してください。
カマグラゴールドは血管に作用する薬ですが、同じような効果をもった薬と同時服用した場合、効果が重複するため血圧が急激に下がるなど大変危険です。
服用中の薬がある場合は、併用禁忌薬に該当していないか事前に十分確認するようにして下さい。

カマグラゴールドがEDに効く仕組みとは?

カマグラゴールドに含まれる有効成分シルデナフィルは、「PDE5」と呼ばれる酵素を阻害することでEDを改善する効果があります。
そもそも勃起は陰茎内の海綿体を中心に起こる生理現象です。
脳が性的刺激を受けると、その刺激が脊髄神経を介して陰茎へと伝わります。

すると陰茎では一酸化窒素が放出、この一酸化窒素がさらに海綿体へと作用し「cGMP」と呼ばれる血管を拡張させる物質の活性化を促します。
その結果、海綿体の血管が拡張し血液が充満することで陰茎が膨張、硬い勃起状態が生まれます。
一方で、活性化したcGMPを抑える働きがある酵素「PDE5」が増加することで血管は収縮し、勃起は収まります。
カマグラゴールドはこのPDE5の働きを阻害する作用があるため、cGMPの活性化状態が継続、勃起が維持されるという仕組みとなっています。

カマグラゴールドは日本では未認可の薬であるため病院で処方されることはなく、購入には海外から個人輸入を行う必要があります。
「個人輸入は違法だ」という方もいますが、個人輸入自体に違法性はありません。
ただし輸入したものは自己使用のみが認められ、他人への譲渡は違法となるので注意してください。
個人輸入には、国内では入手できない製品が購入できる、国内で販売している製品でも仲介業者が入らない分より安い価格で購入ができるなど、様々なメリットがあります。

個人輸入を行う際、海外の通販サイトから自ら購入することもできますが、外国語でのやり取りが必要になるなど手続が難しい場合が多いため、個人輸入代行業者の利用が一般的となっています。
代行業者のサイトを利用すれば、国内の通販サイトから購入するのとほとんど変わらない操作で簡単に個人輸入を行うことができます。