レビトラの特徴は即効性

悩む男性

男性は性的な刺激を受けたり興奮したりすると細胞内にcGMPという成分が増えて血管が拡張し勃起します。
この勃起に必要なcGMPを壊すPDE-5という酵素があり、cGMPが壊されてしまうと血管が収縮して勃起が治まってしまいます。
レビトラはPDE-5阻害薬なので、EDの治療に効果があります。レビトラは日本で2番目に承認されたED治療薬です。

レビトラの主成分はバルデナフィル塩酸塩で水に溶けやすくて即効性が高いのが特徴です。
ですので、服用するタイミングは性行為の1時間前が目安となります。
空腹時の場合は30分前に服用するといいです。空腹時なら20分程度で効果を実感できるでしょう。

効果の持続時間は錠剤の中に含まれているバルデナフィル塩酸塩の量によって違います。
5mg・10mg・20mgがありますが、実際に使われることが多いのは10mgと20mgです。
10mgの持続時間は5時間から6時間程度で、20mgの持続時間は8時間から10時間程度です。
持続時間は服用する人の体質や体調によっても変わってきます。
1回の服用でできるだけ長く効果を得たい人は強力な20mgを服用するといいでしょう。

初めて服用した場合に効果が現れなかったとしても回数を重ねていくと効果が現れる場合があります。
ですので、初めての服用で効果が現れなかったとしてもあきらめずに服用を続けましょう。
人によっては体質に合わずに効果が現れない場合もあるので注意が必要です。

レビトラの副作用で報告されているのは顔のほてりや目の充血、頭痛などです。
こういった副作用は、レビトラの血管拡張作用によって起こります。
軽度の副作用なのであまり心配する必要はありません。頭痛の場合は市販の頭痛薬を飲むといいです。
他にもいくつかの副作用が報告されていますが、ほとんどの副作用は4時間から6時間程度で治まってきます。
副作用があまりにも長く続く場合はすぐ医師に相談しましょう。

レビトラの威力を最大限に発揮するには?

レビトラの威力を最大限に発揮するためには、いくつか気をつけないといけないことがあります。
レビトラは食事の影響を受けにくいですが、まったく影響を受けないわけではありません。
影響を受けないのは標準的な食事をした場合で、さらに脂肪は総エネルギーの30%以内という条件があります。
成人男性の場合の標準的な食事は1食あたり700kcalです。脂肪はその30%の210kcalまでということになります。
ですので、できるだけ空腹時に服用するのがいいでしょう。

レビトラを服用する時は水かぬるま湯で飲むといいですが、お茶やジュース、お酒で飲んでも問題はありません。
お酒を少し飲めばリラックスして気持ちよくなれるので、EDの改善に効果があります。
ただし、飲み過ぎると逆効果になってしまうので気をつけましょう。
ジュースはグレープフルーツジュース以外なら問題ありません。
グレープフルーツに含まれているフラノクマリン酸という成分によって薬の吸収率が高まってしまい、強力な副作用が起こる場合があるので注意が必要です。

レビトラは即効性が高い特徴があり持続時間が長いので、うまく服用すれば性行為の途中で効果が切れることはありません。
もし性行為の途中で効果が切れてしまっても、連続で服用してはいけません。
1度レビトラを服用したら24時間は間隔を空けましょう。
24時間も間隔を空けないといけない理由は、レビトラの副作用と関係があります。
レビトラの副作用は重症化するような危険の高いものではありませんが、間隔を空けずに連続で服用すると副作用のリスクが高まってしまうので危険です。

こういったことに気をつければ、レビトラの威力が最大限に発揮されるでしょう。